〔PHOTO〕gettyimages

爆笑問題・太田光がハマった『お前はただの現在にすぎない』とは?

テレビとは何か、テレビに何が可能か

生放送のスタジオで…

先日、TBSラジオの生番組『爆笑問題の日曜サンデー』に出演させていただいた。番組内の「サンデーマナブくん」という40分ほどのコーナーだ。テーマは「がんばれ!2時間ドラマ」。

1977年に90分の番組として始まった『土曜ワイド劇場』(テレビ朝日)が、2時間枠となったのは2年後の79年のことだ。

その後、80年『木曜ゴールデン劇場』(読売テレビ)、81年『火曜サスペンス劇場』(日本テレビ)、82年『ザ・サスペンス』(TBS)、83年『月曜ドラマランド』(フジテレビ)など、各局が続々と参入していく。80年代後半には、週に6~7本もの2時間ドラマが放送されていたのだ。

しかし、乱立による質の低下やパターン化、視聴者側の嗜好の変化、テレビを取り巻くメディア状況などから、2005年の『火サス』を皮切りに2時間ドラマ枠は徐々に消えてゆく。

今年3月に『月曜名作劇場』(TBS)が終了したことで、「民放地上波のレギュラー放送枠」としての2時間ドラマは、40年を超える歴史に幕を閉じた形だ。

 

この日の「サンデーマナブくん」は、「2時間ドラマの隆盛と消滅の理由を探ろう」といった主旨だった。

とはいえ、当日の生放送で話した内容を、ここで書きたいわけではない。初めてお会いした「爆笑問題」のお二人に挨拶をした際、太田光が口にした一冊の本のことである。

コーナーの冒頭で、進行役である江藤愛アナウンサーが、私の略歴を紹介した。すると太田がすかさず、「テレビマンユニオンの方ですか」と聞いてきたのだ。

約20年間、プロデューサーとして番組制作を行ってきたことを伝えると、太田はいきなり、「僕、今ちょうど、『お前はただの現在にすぎない』を読んでるんですよ。しかも、すごいハマっていて。その頃のことも調べてるんです」と嬉しそうに言うではないか。

正直、驚いた。まさか、生放送の場で、太田から、そのタイトルが飛び出すとは思わなかったからだ。何しろ、出版されたのは50年前であり、リスナーのほとんどは聞いたこともない本のはずだ。

「爆笑問題」太田光が今、ハマっているという『お前はただの現在にすぎない』とは、一体どんな本なのか……。