「殺人」デング熱に注意! 10~11月に日本で「危険度」が上昇へ

沖縄から青森まで要警戒
村上 和巳 プロフィール

日本でも輸入デング熱患者が増加

そしてこうしたアジアを中心とする渡航先でデングウイルスに感染し、日本でデング熱発症が確認された輸入デング熱の日本国内の報告患者数(輸入患者)は、今年は8月末までに278人に達している。

photo by GettyImages

日本国内での2010年以降の年間輸入デング熱患者数は、2016年の343人が最高で、これに次ぐのが2015年の292人。

2019年は8か月間で報告された輸入患者数だけで過去10年で3番目。例年9~12月までも数十人の輸入患者が報告されるため、今年は過去最高に至る可能性もある。

 

ちなみに前述した2014年の流行では国内でのデングウイルス感染によるデング熱患者が162人も報告されている。この年の輸入デング熱患者数は178人で、その合計は340人になった。