人が心に余裕をなくす現代社会

ここ数年の2度目のブームの始まりは、2000年代に入って起こったスローフードブームである。不況が深刻になる1990年代の後で、「自己責任」という言葉が横行していた。インターネットと携帯電話が普及し始め、世の中はIT革命に沸いていた。

変化のスピードが加速し、ストレスが増したこの頃、反動のように、理想化された昔ながらのゆったりとした暮らしへの憧れが高まった。食事時間が削られていくからこそ、ゆっくり食事をしたいと望む。料理する余裕もなくなり、外食や中食への依存度が高まっていくからこそ、手作りの料理を求めたくなる。スローライフの魅力を伝える『クウネル』などの雑誌も登場した。

2011年、東日本大震災と原発事故により、暮らしの根本を揺るがされた人が大勢生まれる。

自分たちは何のために働いているのか。改めて問い直す風潮が生まれ、田舎暮らしを求めて移住する人や、あるいは都会と田舎の両方に拠点を持つデュアルライフを選択する人が増える。放射能汚染に脅かされる関東から、西へ移住した人たちもいる。

そうやって時間をかけて浸透した、暮らしの見直しと再発見が、「ていねいな暮らし」ブームなのである。昭和のブームのときは、専業主婦と働く女性の暮らしは距離があり、手作りにハマる人たちが批判されることも、手作りライフが強制されているように感じている人もいなかっただろう。手作り情報を遮断することもたやすかった。

しかし、今はインターネットが身近にあり、楽しそうな「ていねいな暮らし」ぶりが目に入りやすくなっている。仕事を持つ女性が多数派となり、たくさんいる働く女性も多様になってきた。

中には、その情報を「あるべき理想」と受け取る人もいる。そんな風に彼女たちが思うのは、自分の母親がそうしていたからかもしれないし、多忙過ぎる日々に対し、うすうす疑問を抱いているからかもしれない。

日々の生活で、家事が行き届いていない今に不満があるからこそ、ほかの人の「ていねいな暮らし」ぶりに腹を立てるのである。それを求められていると感じていらだつのである。

その余裕のなさは、もしかすると、夫を家事の戦力としてあてにできないからかもしれない。一人で抱え込んでいるからかもしれない。生活を守るために忙しく働き、暮らしが荒れがちなことにいら立っているからかもしれない。

「ていねいな暮らし」批判は、人が心に余裕をなくす現代社会のありようを映し出しているのである。