Photo by gettyimages
# 鉄道 # 災害

災害時に「陸の孤島化」リスクが高い【首都圏】鉄道路線はここだ!

鉄道会社12社を徹底比較

無謀すぎた運転再開の見通し

千葉県千葉市付近に2019年9月9日の朝5時前に上陸した台風15号は、関東地方に襲来した台風としては統計を開始して以来、最も強い勢力で上陸したという。台風は関東地方を中心に大きな被害をもたらし、千葉県内は倒木などによって送電網が破壊され、大規模な停電が発生した。

Photo by gettyimages

この台風で、首都圏の鉄道も大きな混乱に陥った。風速毎秒40mを越える暴風の影響により、JR東日本や私鉄各線では始発から列車の運行が不可能な状態に。いっぽうで、JR東日本は列車の運転再開時刻として午前8時前後と示したため、多くの人たちが駅に押し寄せた。

ところが、実際には線路上への倒木など、台風による被害が予想以上に大きかった結果、列車の運行再開は遅れ、郊外のターミナルを中心にJR東日本の駅前には列車の出発を待つ人々による長蛇の列ができてしまう。なかでも総武線の津田沼駅では列の長さは数kmにも及び、混乱は終日まで収まらなかったという。

 

今回の台風は鉄道に対して多くの課題を残すこととなった。

まず挙げておきたいのは、各駅での混乱を引き起こす要因となった列車の運転再開の見通しの甘さについてだ。率直に言って午前8時前後とJR東日本が見込んだ運転再開は無謀としか言いようがない。

冒頭に記したとおり、台風15号が千葉市に上陸した時刻は午前5時前後である。強風が収まるのを待ち、線路の点検作業を行って安全を確認してから列車の運転を始めるとなると、午前8時前後では時間の余裕があまりに少ない。各線ごとの事情はあれど、早くとも午前10時前後、余裕を見て正午前後と発表しておくべきであった。