photo by iStock

業界騒然!セブン⁻イレブンで「オリジナル新書」がスタートする理由

新しい好循環へ

いま出版業界でこれまでの常識では考えらないような新しい「ヒットの形」が生まれ始めている。最近は100円ショップやコンビニから「ベストセラー」が誕生しているのだ。そうした中、日本最大のコンビニチェーン・セブン‐イレブンが10月からグループ限定オリジナル書籍の新書シリーズを発売することがわかった。その狙いとは、業界への影響とは――。その最新動向に迫った。

〔photo〕gettyimages

100円ショップ、コンビニで「本が売れる」

いま全国の書店数は1万1446店(5/1時点、アルメディア)。実際に店舗を持つ店の数で見れば1万174店で、20年前に2万2296店あった書店数はほぼ半減した。中でもかつて半分以上を占めていた、個人経営などの小規模書店の比率が低下している。

そうした状況を指して出版不況と指摘する向きもあるが、じつはそうとは言い切れないまったく新しい事態が起きていることをご存じだろうか。

これまでの常識では考えられないが、ここへきて、従来とは違った場所からベストセラーが生まれるという面白い動きが出始めているのだ。しかも、それが書店販売との相互作用で出版をさらに盛り上げていく可能性を秘めているというから興味深い。

 

たとえば、100円ショップの「ダイソー」

大創出版が企画製作を担い、1冊100円で「ダイソー」内で書籍を販売している。ペン字習字やパズル、幼児モノなどが人気で、年間約1700万部を発行し、累計発行数は2億部に及ぶ。「100万部にならなかったら失敗」だとまで編集部では言われるという。

〔photo〕gettyimages

企画ものが中心のダイソーに対し、筆者がしっかりいる、いわゆる「著者もの」の作品を展開するのがコンビニエンスストアだ。

ゴマブックスがファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ニューデイズに書籍を供給し、「ファミマセレクトBOOKS」「オンデマンド本セレクト with E ブック」などとして、過去の人気作をリパッケージするなどして展開している。これらのコンビニでは、一般版元の書店向け作品も簡易販売BOXに入れて並べ、いまでは雑誌棚の多くを占めるまでになっているのだ。