photo by Getty images
# GAFA

もう特別扱いはありえない GAFAの栄華は終わることになる

個人情報は個人自身のものだ

我が世の春を謳歌しているが……

まず、時価総額の世界ランキング(2019年8月:世界時価総額ランキング)を見てみよう、

1位:マイクロソフト(約1兆520億ドル)
2位:アップル(約9420億ドル)
3位:アマゾン(約8780億ドル)
4位:アルファベット(グーグル、約8240億ドル)
5位:フェイスブック(約5290億ドル)
6位:バークシャー・ハサウェイ(バフェットが会長、約4970億ドル)
7位:アリババ・グループ・ホールディング(約4520億ドル)
8位:テンセント・ホールディングス(約4000億ドル)
9位:VISA(約3580億ドル)
10位:JPモルガン・チェース(約3510億ドル)
11位:ネスレ(約3410億ドル)
12位:ジョンソン&ジョンソン(約3380億ドル)
13位:ウォルマート(約3260億ドル)

1位のマイクロソフトは、GAFAでは無いが、GAFAの先駆者とも言える巨大IT企業なので、準GAFAと呼んでも良いであろう。

つまり、世界中の巨大グローバル企業の頂点(時価総額)の1位から5位をGAFAおよびそれに類似する企業が占めているということである。

 

これらは、GAFAの栄華の象徴に見えるかもしれないが、平家物語では「祇園精舍の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、 盛者必衰の理をあらはす。奢れる人も久しからず」と諭す。

企業の栄枯盛衰も激しく、筆者は「奢れる人も久しからず」という言葉を胸に刻んで(自分自身のことも含めて……)投資を行っているが、GAFAがまさに今その状況に突入しつつあるように見える。

思い起こされるのは、1980年代後半のバブル真っ盛りの頃、日本の都市銀行(合併を経て現在は大部分がメガバンク)の多くが、世界時価総額ランキングの上位を占めていたことである。

そもそも、時価総額は会社の稼ぐ力を著す収益とは異なり、市場の株価が基準である。つまり、過剰な期待によって株価が実態(バフェットのいう本質的価値)よりも異常に高くなった場合でも、ランキングは上昇する。

逆にその異常な期待がはげ落ちれば急落するということである。