「他人事じゃねえな」とぼくが呟く理由

話を聞き終えて、「他人事じゃねえな……」とつぶやいてしまった。
この夫が犯した「無関心」「自己中」「ケチ」「見栄っ張り」という、「四つの大罪」はたしかに重い。

しかし……夫と同じ男であるぼくにも覚えがないわけではない。
彼女の話を一方的に聞いただけなので、夫が本当はどう考えていたのかわからないが……たぶん、彼に悪意はない。話を聞く限り、この4つの大罪は実は冤罪……と言わないまでも、執行猶予がつく可能性がある。

-AD-

その1)無関心

この無関心エピソードだが、詳しく聞いてみると陣痛中に彼女はイライラして、「もう帰って良いよ」と言ったらしい。これがポイントだ。
この夫のようなタイプは、あまりものを深く考えていないので、言葉の裏を読むことをしない。彼女の言葉をそのまま受け取ってしまった可能性がある。

その2)自己中

この状況も詳しく聞いてみると、前日に「演劇行こうよ」と誘われて、彼女が「明日は公園行く予定だよ」と返したそうだ。ということは……夫の頭のなかでは「あ、そうか、彼女は用事があるんだな。邪魔せず俺一人で行こう」と変換されたのである。

「公園に行く予定だよ」が「公園で一緒に遊び、お弁当を食べる予定だよ」だとは伝わらなかった Photo by iStock

「は? なんで? 頭おかしくない?」

と思うだろう。いや、おかしくはない。なぜならおそらく彼くらい父親の自覚がない人間は、そもそも家族という単位に自分を入れていない可能性がある。こういうタイプは、無理矢理子供と二人きりにさせないと自覚が芽生えない。