功罪のマイナス金利、日銀もECBも「深掘り」を検討する本当のワケ

当局者も葛藤があるのだが…

羊頭狗肉化する「マイナス金利政策」

「見かけは立派だが中身はそうでもない」。「立派な外見」と「実際の中身」とが一致しない状況を表現する「羊頭狗肉」という四字熟語がある。現在、一部の先進国で追求されるマイナス金利政策は羊頭狗肉の様相を呈してきてはいないか。

〔photo〕gettyimages

マイナス金利を採用する国では導入当初、「そう長くは続けられない」という声が多かった。しかし、現在では「準備預金に階層化システムを強化することで銀行部門への影響を限定すれば深掘りは可能」という風潮も感じられる。

もちろん、マイナス金利政策に捨て難いポジティブな効果が認められるならばそれでも良い。しかし、マイナス金利政策を導入して欧州では丸5年、日本では丸3年が経つが、その効用として取り沙汰されるのは不動産を含むリスク資産価格の上昇や金融機関収益の押し下げくらいであり、最終的なゴールであったはずの物価の押し上げについては両地域とも実現していない。

 

ユーロ圏に至っては過去5年間でインフレ期待が完全に腰折れのステージに入った感もあり、現状の景気に関して言えばドイツを中心として後退の淵に立たされている。

片や、金融機関の経営体力がマイナス金利環境の中で衰えていることははっきりしており、「このままシステミックリスクに至っては不味いので軽減策は必要」との判断から階層化システムの検討そして導入に至ったというのが実情だろう。