千葉県館山市南部の布良地区。ほとんどの家の屋根が被害を受け、ブルーシートで覆われている

大停電の千葉で私を襲った、老親世代との「想像を絶するトラブル」

館山市に暮らす作家の「私的体験報告」

9月9日未明、千葉市に上陸し、千葉県内に甚大な被害をもたらした台風15号。上陸直後には県内ほぼ全域の約90万戸が停電し、暴風により多くの住宅が損壊した。停電が2週間続いた地域も多く、台風が去って20日が経った現在でも復旧していない地域もある。

そんな被災地・千葉のなかでも、特に被害が大きかった県南部の館山市に暮らす作家のこかじさらさん。彼女自身は幸運にもほとんど被害に遭うことはなかったが、まったく想定していなかったトラブルの連続に、精神的にすり減っていく20日間だったという。

 

屋根が丸ごと飛ばされた家

9月9日(月)台風15号による大停電1日目

午前1時過ぎ、台風15号が上陸したと思われる時刻、千葉県館山市は、かつて経験したことがないほどの暴風雨に見舞われていた。

私は、高齢の両親(父89歳、母87歳)と同居している館山市内の自宅で、不安な夜を過ごしていた。突然、バリバリという音がしたと思ったら、室内の常夜灯がプツリと消えた。そっとカーテンを開け外の様子を窺うものの、街灯が消えた漆黒の闇の中を打ちつける雨の音に恐怖を感じ、急いで窓から離れた。そして、一睡もできないまま一日千秋の思いで夜が明けるのを待った。

午前5時30分、辺りが薄明るくなってきたのを確かめると、小雨が降る中、着替えて外に飛び出した。幸いなことに、我が家はアンテナが少し傾いている以外の被害はなかったが、隣近所を見渡すと、雨戸が外れ、窓ガラスが粉々になった家や二階の屋根が丸ごと飛ばされた家がある。道路に飛び散った屋根瓦や折れた木々を片付けている人たちの姿が、すでにあちらこちらに見受けられた。

屋根が丸ごと吹き飛ばされてしまった知人宅

「すごい風でしたね。家が吹き飛ばされるかと思いましたよ」

お隣さんとこんな会話を交わしていると、同じ市内の長須賀地区に住む兄から携帯に電話が入った。

「どこからか飛んできたトタン屋根がぶつかって瓦が落ちた。雨漏りがしている。電話回線が切断されて固定電話が使えない」

だがしかし、このときはまだ、千葉県を中心とした至る所で相当の被害が発生し、90万戸が停電しているとは夢にも思っていなかった。

その後の千葉県内の大停電と復旧に要した時間。被災状況の把握に手間取っていることなどは報道されている通りなので、ここではあえて触れないことにする。

あくまでも、台風15号とその後の大停電に見舞われた土地に住む一人として、極めて個人的な、ある種どうでもいいような家族間バトル、しかし切実で避けられない現実を超ミクロな視点で綴っていきたいと思う。