「日本のCIA長官」になる男・北村滋とは何者か?

表舞台には出てこない超重要人物
佐藤 優 プロフィール

人前には姿を見せない

邦丸:これ、北村滋さんも警察官僚ですよね。で、北村さんは「米田さんに会った」と言っていて、前警察庁長官の米田さんは[「会ってない」と言っていて、でも二人は同じ警察庁なわけでしょ。なんでそうなっちゃうんですか。

佐藤:私の解釈ですが、「北村、おもしろくない。アイツ、総理にベタベタしてもう7年も官邸にいる。そもそも、元はといえば野田佳彦政権のときの内閣情報官だったじゃないか。それなのに、誰とでもうまくやりやがって」と、そういう男の子のヤキモチの世界だと思う。

邦丸:嫉妬ですか。

佐藤:そう。嫉妬している人は、それを嫉妬と思わないですからね。「彼には問題がある」とか、こういう話になるので。だから、北村さんは外務省にも警察庁にもヤキモチ妬かれているから、けっこうこれから北村ネタが出てくると思います。

 

邦丸:国家安全保障局長は、今後の日ロ交渉でも矢面に立ちますよね。

佐藤:9月17日に、もう(ロシアのニコライ・)パトルシェフ(安全保障会議書記)と北村さんが裏交渉をやっています。谷内さんのときにも、北村さんがロシアとの調整を担当したことがありますし、ロシア側の信頼が非常に高い。

「Sputnik(スプートニク)」というロシアメディアのサイトでも、このとき「平和条約をつくるためには、問題を解決していかないと」ということをパトルシェフ書記が言ったと出ているので、この会談でやっぱり、北方領土の裏交渉がかなり進んできたという感じですよね。

邦丸:北村さんを国家安全保障局長に据えることになった。これはもちろん安倍総理の任命だとは思うんですけれども、他に動いた人はいるんですか。

佐藤:いや、これは安倍総理でしょう。あと客観的に見て、アメリカとかロシアとかイスラエルとか、そういったところからの評価が高いから。

邦丸:北村さんという方の。

佐藤:そう。ただし、姿をほとんど人前にさらさない。彼が平場に出てきたことはほとんどないですよね。