「乙武義足プロジェクト」。先天性四肢欠損の乙武洋匡氏が義足歩行に挑むプロジェクトだ。エンジニア、義肢装具士、デザイナー、理学療法士……多くのプロフェッショナルに支えられて1年半に渡り義足歩行に挑んで来た。

プロジェクトはまだ続くが、連載はひとまず今回で最終回。前回ようやく2歳児が身につけるテクニックを習得したという乙武氏が、さらなる高みを目指して挑む様子をリポートする。

乙武義足プロジェクト今までの連載はこちら

世界パラ陸上メダリストと会える!?

「乙武さん、ジャリッド・ウォレス選手と会えるかもしれません」

遠藤氏からそんな話を聞いたのは、8月に入ったばかりのことだった。
ウォレス選手のことは連載の第6回で少し紹介したが、2016年リオデジャネイロ・パラリンピックでは男子100メートル下腿義足クラスで5位に入賞。翌年、全米王者として出場した世界パラ陸上競技選手権では、200メートルで金メダル、100メートルでも銅メダルを獲得した。東京パラリンピックでも有力なメダル候補の一人である。

彼は陸上選手だった学生時代に、慢性コンパートメント症候群の診断を受けた。四年間に12回もの手術を繰り返したが、その間ずっと合併症に悩まされ、20歳のときに右足の膝下を切断した。しかしその後、板バネ義足をつけて陸上競技に復帰を果たすと、パラアスリートとして実績を積み重ねてきた。100メートルの自己ベストは10秒71。この記録はリオデジャネイロ・パラリンピックの優勝タイムを0.1秒上回っている

彼は、遠藤氏が代表を務める義足メーカー・サイボーグ社と契約を結んでいた。今回の来日の目的は東京パラリンピックに向けての打ち合わせだったが、スケジュールの合間に私の練習を見てくれることになったのだ。

「背中はリラックスできてる?」

「ナイス トゥ ミーチュー」

8月27日、ランニングスタジアムを訪れると、ウォレス氏はハリウッドスターのような整った顔立ちに笑顔を浮かべて迎えてくれた。赤とグレーのランニングウエアに板バネ義足を履いた姿は、とてもさわやかで、そして凛々しかった。

前日の夜に私の動画をチェックしたそうで、私が内田氏のストレッチを受けている間も「いまはどこが伸びているの?」などと話しかけてくる。自分が使っているストレッチ器具を紹介してくれるなど、はじめて会ったとは思えない気さくさがうれしかった。

立っているとき、背中はリラックスできている?

そう言われると思いあたる節があった。

「いや、全身に力が入って、こわばってる」
「それなら、お腹に力を入れたときは、背中から肩はリラックスを心がけてみて」
実際にやってみた。

お腹にぐっと力を入れると同時に背中の力を抜く。すると、たしかに上半身がリラックスできて、気持ちの上でも余裕が生まれた気がした。それは、例の仙人のアドバイス「みぞおちで歩く」の半歩先を行く感覚だった。

もっと歩けるようになりたいなら、よくないフォームで100歩歩くよりも、きれいなフォームで50歩歩いたほうがいい

このアドバイスもなるほどと思えた。

私は、この日の練習はすべてジャリッドの言う通りにやってみることにした。