© 2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
# ゲーム # スマホ

大人気「ドラクエウォーク」がポケモンGO超えに必要な「絶対条件」

キーワードは「長続き」

『ポケモンGO』が爆発的ヒットをし、3年を経過した今でも高い人気を誇っている。そこで、位置情報を利用したゲームが後発で続々とリリースされるものの、『ポケモンGO』には遠く及ばず、その牙城を崩すことは未だできていないのが現状だ。

そんな中、対抗馬として今月12日に登場したのが『ドラゴンクエストウォーク』(以下、『ドラクエウォーク』)だ。タイトルからわかる通り、人気ゲーム『ドラゴンクエスト』を題材にした位置情報ゲームで、リリースから2週間程度で、早くも500万ダウンロードを記録している。

Photo by gettyimages

『ドラクエウォーク』は、他の位置情報ゲームと同様に、GPSとマップアプリを利用し、実際に街を歩くことで、ゲーム内でも移動することができる。街に徘徊するモンスターを倒しつつ、クエストをクリアし、ストーリーを進行させる。ストーリーの進行具合によって、ゲーム内でできることが増えていき、NPC(ノンプレイヤーキャラクター)の仲間も増え、パーティを組んで戦うことができるようになる。

現時点では、概ねプレイヤーからの評価も高く、多くの人が楽しんでいるようだ。その人気の秘訣は、『ドラゴンクエスト』の世界を堪能できるところだろう。見慣れたモンスターを倒し、聞き慣れたBGMの中プレイするのは、ファンでなくても、1度は『ドラゴンクエスト』をプレイしたことがある人なら、高揚感を得られるのは間違いない。

 

良くも悪くも自由なゲーム設定

位置情報ゲームとしては、クエストでの目的地設定が自動で行われるのではなく、自分で決められる点が『ドラクエウォーク』の特徴の一つだ。元々、ゲームではない目的地に合わせて場所を決められるので、ゲームのために寄り道をするということもなくなる。

また、オートバトルモードが搭載されている。この機能を使用すれば、移動中は自動でモンスターを倒したり、かいふくスポットでHPやMPの回復をしてくれるようになる。『ドラクエウォーク』を起動しておく必要があるが、歩きスマホをしなくても済み、レベル上げや資金稼ぎを自動で行ってくれるのが便利だ。