# カーナビ # LINE # 自動車

「LINEカーナビ」登場で大波乱…カーナビ市場を制するのは誰か

大きな転換点を迎えている
高山 正寛 プロフィール

このように、期待十分の「LINEカーナビ」だが、そもそもカーナビアプリには使用に際し注意すべき問題がある。それがスマートフォン自体の環境対応性の低さだ。もう少しわかりやすく言えば、元々スマホの本体は温度変化が激しい車載環境には適した設計になっていない。

そもそも夏場では、インストルメントパネル(メーター類が設置されるパネル)上部が70℃近く高熱になるケースがある。また昨今のスマホの高性能化に伴い、端末自体の発熱問題も無視できない。スマホを製造するメーカーはSoC(System on a chip)周辺の熱暴走を抑えるために独自の冷却構造を採用するなどしているが、それはあくまでも普段における使い方だ。

前述した車内環境では熱暴走も含め、本体を守るためにディスプレイを消灯させるセーフティ機能を搭載しているスマホも多い。画面がすぐに消えてしまうようであれば、せっかくの高機能のカーナビアプリも「宝の持ち腐れ」に成りかねないことは、留意すべき点と言えるだろう。

 

カーナビを巡る戦いの行方

それでは今後のナビアプリ、さらにカーナビ市場はどう変化していくのか? その答えのひとつとなるのが「ディスプレイオーディオとの連携」である。この商品は本体にナビゲーション機能を持たない文字通りの車載向けオーディオ機器(車載器)だが、iOSであれば「Apple CarPlay」が、Android OSであれば「Android Auto」といったテレマティスクス(自動車に搭載するネット接続が可能な端末を使って、交通情報や天気、ニュースといったさまざまなコンテンツを利用できるようにする情報サービス)機能を使うことができる。

要はスマホをリンクさせ、より大きなディスプレイに地図など表示することで視認性などを向上、ハンズフリー通話や音楽再生なども一括してコントロールすることが可能だ。これならば直射日光にさらされない場所にスマホを待避させることができるので、前述した車載環境も問題も緩和できる。