# LINE # 自動車 # カーナビ

「LINEカーナビ」登場で大波乱…カーナビ市場を制するのは誰か

大きな転換点を迎えている
高山 正寛 プロフィール

「LINEカーナビ」の性能はいかに

まさに百花繚乱とも言えるカーナビアプリ市場。そこに彗星のごとく登場したのが、LINE株式会社から9月5日にリリースされた「LINEカーナビ」である。

このアプリ、基本をイチから開発したわけではなく、ナビ機能に関してはトヨタのハイブリッドナビエンジンを利用。これにLINEが展開するAIアシスタント「Clova」を介して音声操作を可能にしたものである。

写真は「LINEカーナビ」公式サイトより

元々高精度な地図情報を持ち、目的地までの正確な移動時間、渋滞回避能力も含めたルート案内などを持つトヨタのナビ技術だが、音声認識に関しては独自に搭載している。しかしこのアプリはその日本語音声認識の部分を自社の「Clova」に任せることで、基本的にはスマホに触れること無く一連の動作を音声で完結することができる。

今に始まったことではないが、運転中のスマホ操作は厳禁だ。2019年12月1日に施行される「改正道路交通法」では、これまでの「ながら運転」に対し、運転中の携帯電話での通話や画面注視に対する違反「携帯電話使用等(保持)」の違反点数を従来の1点から3点に、さらに交通の危険を生じさせる違反「携帯電話使用等(交通の危険)」を2点から6点に引き上げる。違反によっては赤キップ、つまり「一発免停」になる可能性もある。

 

LINEカーナビの場合は、音声認識用のボタンなどに触れる必要がなく、「ねえ、Clova」と話しかけることが起動のトリガーとなっており、安全運転に寄与する点など期待は大きい。さらにClovaを活用することで、カーナビだけでなく、音楽再生や自宅到着前に家電の操作を行えるAIアシスタント、そしてLINEメッセージの受信内容を音声で確認したり、逆にメッセージを送信することもできる。

スマホで音声認識を活用することはこれまでも数多くの実装例があるが、カーナビや家電、SNSまでシームレスに連携させた点が「LINEカーナビ」の強みと言える。実際、スマホ単体でテストした印象でも音声認識能力は高く、車内という外部からのノイズ(雑音)にも強い印象を受けた。