〔photo〕gettyimages

大人気ドラクエウォーク、ポケモンGOを超える「可能性」と「限界」

今週の「AI株価予報」で読む

ドラクエウォークが「ポケモンGO」を超える…?

「モンスターを探しているうちに2時間も歩いた」「ドラクエウォークのせいで脚が筋肉痛だ」……。

そんな嬉しい悲鳴があちこちから聞こえてくる。

〔photo〕gettyimages

スクウェア・エニックス・ホールディングスとコロプラが共同開発したスマホ向けゲーム『ドラゴンクエストウォーク』がこの9月に配信を開始するや、たちまち大ヒット。いまスマホ片手に歩き回る「ドラクエウォーク」ユーザーが、日本全国で続出している。

「ドラクエウォークは位置情報ロールプレイングゲームというジャンルのゲームで、現実の世界を反映したゲームマップ上を実際にプレーヤーが歩きながら、モンスターと戦うなどしてゲームを進めていくもの。人気ゲームのドラゴンクエストが始める『位置ゲー』としてローンチ前から大評判になっていたが、いざ9月12日から配信開始するとたった2日間で300万ダウンロードを突破。配信から1週間ですでにダウンロード数は500万を超える大ヒットゲームと化している」(ゲームアナリスト)

 

有名人や芸能人などからも、さっそくドラクエウォークに「ハマった」ことを明言する人が出てきている。

「お笑いタレントの有吉弘行さんやタレントの伊集院光さんなどがドラクエウォークユーザーを公言しています。有吉さんは一日平均10キロメートルは歩いているというほど、どっぷりハマっていることを明かしています」(前出・アナリスト)

ドラクエウォーク人気は、さっそく「株式市場」にも影響を与えている。

「ゲームを開発したスクウェア・エニックス・ホールディングスの株価は年初来高値を更新。共同開発したコロプラの株価もストップ高になるまで買われるなど、株式市場で『ドラクエ買い』が殺到しているかたちです」(ファンドマネジャー)

こうした中、いまドラクエウォークがあの超人気ゲーム『ポケモンGO』は超えるのではないかという期待感が高まってきている点には注目すべきだろう。