Photo by iStock
# がん

医者が患者に言う、「もうできることはありません」の真意とは?

見捨てたわけではありません
いまや日本人の2人に1人がかかると言われる「がん」。もし自分や、自分の家族ががんになったら……。そんなとき心強い味方になってくれるのが、著書『がん外科医の本音』で知られる中山祐次郎医師だ。終末期のがん患者にかけられる、「もうできることはありません」「自宅で過ごしてください」といった言葉。はたして医者は患者を「見捨てて」いるのか? 中山医師が本音を明かす。

どうお伝えしても、患者さんはショックを受ける

こんにちは、総合南東北病院外科の中山祐次郎です。大腸癌手術や抗がん剤治療を中心とした外科の専門医をやっております。

第四回となる今回は、「医者は末期の患者さんを見捨てるのか」という非常に書きづらいテーマで、実際にがん治療に携わっている医者の立場から本音でお話ししたいと思います。

 

私は日々がん患者さんの治療に当たっています。がんが進行し、何種類かの抗がん剤がすべて無効になってしまったとき、「これ以上ここで、積極的ながん治療としてできることはない」というニュアンスのことを患者さんにお伝えすることがあります。あとは定期的に通院していただき、痛み止めの薬の調節や体調が悪いときの対応などになるのです。

こうお伝えすると、多くの患者さんはがっくりと落ち込みます。

Photo by iStock

どう伝えても、難しい。どんなふうにお話しても、必ず患者さんはショックを受けます。正直なところ、正解が見つかっていません。

もしかすると、正解など無いのかもしれません。ですが、なんとかそのショックを和らげたい、という気持ちはあります。

ときには早め早めに「次のお薬が効かなくなったら、もう手がありません」と段階的にお伝えし、「いきなり見放された感」を減らそうとしていたこともあります。しかし、なにも変わりませんでした。同じくらい、患者さんやご家族はショックを受けておられたのです。