# 地震

的中率70%、驚愕の「地震予測業者」が警告! 不気味な前兆が…

日本列島近海の海底で頻発

地震予測、なんと「60~70%」的中させる

「最近、驚くほど異常値が増えています。観測を強化しているところです」

こう話すのは、「地震解析ラボ」社長の平井道夫氏だ。

3.11(東日本大震災)の直後、2011年4月から地震予測を法人・個人向けに提供するサービスを開始し、以来、マグニチュード5以上の地震予測を、60~70%的中させてきた。

2016年4月に発生した熊本地震の前は、「大分あたり」に起きると予測し、最大震度の震源地は外したものの、大分でも実際に地震は起きた。

その平井氏が警告を発している。今、何が起きているのか。その話に入る前に、「地震解析ラボ」がどのように地震予測を行っているかを簡単に説明しておこう。

 

前兆現象

「地震解析ラボ」では、国立研究開発法人防災科学技術研究所の公開データを用いた予測が現在予測解析の主体となっている。

防災科学技術研究所が運営するHi-net(高感度地震観測網)とF-net(広帯域地震観測網)から地震の前兆データを見つけ出す。

これらは地震計のデータがベースになっている。

それを気象庁発表の1922年からの地震データベース「地震カタログ」に照らし合わせる確率予測で、5日以内の地震予測を行う。

またサービス開始以来、大気圏に面する「電離層」の監視を続けている。

地震が発生する1週間くらい前から、電離層に乱れが出ることが分かっているからだという。

地震サーチ予測

現在は国内3か所、海外3か所(※1)から送信される電波を、「地震解析ラボ」が設置した9か所(※2)の観測点で受信することで、24時間、電離層のデータを取得し、電離層の乱れを解析している。このデータをもとに、7日前後の期間に発生する地震予測をし、地震計による予測結果と照合して発表する。

「観測点については、あと4~5か所増やしたいと考えています。観測点が増えるほど、どこで起きるかの精度が上がるからです」と平井氏は話す。

※1 宮崎、福島、佐賀、アメリカ、ハワイ、オーストラリア
※2 北海道2か所、東北、関東2か所、中部3か所、四国