【試し読み】漫画版『論語と算盤』

次の一万円札のモデルの実像に迫る!
まんが学術文庫 プロフィール

ときは明治初期。金儲けが卑しいとされていた時代に100以上の企業の設立に携わり、日本の経済発展を牽引した一人の男がいた。男の名は渋沢栄一。その思想の背骨には”論語”があった。次の一万円札の肖像となる伝説の人を、漫画で活写!

右スライドでお読みください▶

<漫画「知ってはいけない」 漫画「人は見た目が9割」>

Image Gallery
↓サムネイル画像を選択すると大きく表示されます。
» 元の記事を読む