認知症、高血圧、糖尿病…「その薬」本当に必要ですか?

むしろ、飲まないほうがメリットが大きい

医者が出す「7種類の薬」

「薬を飲んで体調が良くなるなら、薬が増えても仕方ないと思います。ですが、病院にかかったせいで必要のない薬を大量に処方されていたのなら、なんのために毎日、膨大な量の薬を無理して飲みこんでいたのかと、やりきれなさを感じます」

そう語るのは、先月まで毎日7種類14錠の薬を飲み続けていた板橋秀幸さん(77歳、仮名)だ。

厚労省の調べによると、75歳以上の4人に1人が7種類以上もの薬を飲んでいるという。そのなかには、本当に必要なのか疑わしい薬が入っていることも少なくない。

Image by iStock

薬剤師の青島周一氏は、飲みきれないほどの薬が処方される原因は、「ある症状が出たときに、それが薬の副作用によるものかどうかを確かめずに、さらに薬が追加されることにある」と明かす。

「たとえば、降圧剤の一種であるカルシウム拮抗剤のアムロジピンは、むくみを引き起こしやすい。むくみの原因は心臓疾患のこともありますが、副作用の可能性をきちんと確かめずに、とりあえず利尿剤が処方される場合があるのです。

それによって頻尿になり、次に頻尿を抑える薬が出されて、その薬の副作用で今度は便秘になり、さらにセンノサイドなどの下剤が追加されてしまうこともあります」

ほかにも、リウマチの薬を飲んで間質性肺炎を発症しているのに、肺炎の治療のためにステロイドが出されて、その副作用で血糖値が上がり、今度はインシュリンを投与されるなど、対症療法による負の連鎖の例は数えきれない。

洛和会丸太町病院救急・総合診療科部長の上田剛士氏は、多量の薬が処方される理由をこう明かす。

「大病院で循環器内科、糖尿病内科、神経内科と複数の診療科にかかる患者さんほど、薬が積み上がっていきやすい。ほかの医師が出した薬との重複や相互作用が見逃されたり、『私は循環器が専門なので、呼吸器の先生が出した薬を止めることはできない』と言われることが少なくないのです」

特に内科系の疾患でいくつも受診していると、薬が多くなる傾向がある。

「内科系の医師は、『万が一、合併症が起きたら大変だ』という心理が働くのでしょう。『念のため』と、合併症の予防薬を処方されて、薬が増えていくケースが散見されます」(前出の青島氏)