2019.09.25
# 離婚

年収3000万円の夫が「不仲の妻」と「離婚」しなかった本当のワケ

すべては「彼女」のため
露木 幸彦 プロフィール

いずれバレるのだけど…

しかし、康介さんがどっちつかずの曖昧な態度に終始したせいで彼女に愛想を尽かされ、別れを切り出されるのもまた困ると言います。非常に自分勝手な言い分ではありますが、妻と離婚せずにそのうえ彼女に信じてもらうにはどうしたら良いのでしょうか?

まず考えられるのは「死因(遺言)認知」です。

 

これは名前の通り、死んだら認知するという意味で「認知する」と書いた遺言書を役所へ持参し、認知届を提出すると認知が完了します。康介さんが認知できない理由は妻に資産を知られたくないからです。死因認知の場合、康介さんは認知する時点ですでに亡くなっているのだから、その点は問題ありません。

認知をすれば康介さんが戸籍上の父親になるので康介さんが亡くなった場合、彼女の子も遺産を相続する権利が発生します。死亡リスクを生命保険で対処しようとしても生命保険の受取人にすることができるのは親族だけです。

未認知の場合、康介さんと彼女の子はまだ他人なので受取人にすることができません。

もちろん、隠し子の存在を知るのは康介さんが亡くなった後なので妻が感情的になり、遺産分割の協議は難航することは予想されますが、まだ子どもが自立していなければ遺産を養育費に充てることはできるでしょう

次には家族信託も選択肢に入ってくるでしょう。

SPONSORED