Photo by iStock

「RTしたら100万円あげます」ツイートに秘められた驚愕の真実

投稿者の狙いを知っていますか?

Twitter発祥の「○○なう」という表現は、今や幅広い世代で浸透しきっている。国内の月間アクティブユーザー数は4500万を越え、政府関係者や上場企業の経営者や役員も情報発信に利用するなど、確かな影響力を持つコミュニティサービスだ。そんなTwitterが持つ“マーケット”としての魅力は日に日に増してきている。

Photo by iStock

「現金プレゼント企画」ブームのきっかけ

2019年1月、ZOZO創業者の前澤友作氏が自身のTwitterで「日頃の感謝を込め、僕個人から100名様に100万円【総額1億円のお年玉】を現金でプレゼントします。」とツイートした。結果、このツイートは558万回以上リツイート(拡散)され、平成最後のお正月の話題をかっさらった。このことをきっかけに、サッカー日本代表の長友選手など、多くの著名人がTwitterを通して現金をプレゼントする企画を実施することとなった。

今月6日(2019年9月)には、“青汁王子”で知られる三崎優太氏が、1人につき100万円を計180名にプレゼントすることをツイート。事の発端は今年2月、三崎氏が脱税の容疑で逮捕されたことだ。当時脱税したとされた金額は1億8千万円。これに対して徹底抗戦の構えを示す三崎氏は、“贖罪寄付”として、脱税したとされる1億8千万円を100万円ずつ180名に配ることを宣言したのだ。

 

この三崎氏以外にも、Twitter上で現金プレゼント企画を実施するアカウントは未だ後を絶たず、もはや“当たり前”の光景と化してきている。

こうした企画は、基本的にリツイートとアカウントのフォローをしたユーザーのみを条件にしており、「100万円もらえるならフォローとリツイートくらいしておこうかな」という気持ちで企画に参加する一般ユーザーも多いのではないだろうか。実際に三崎氏の企画も100万回以上リツイートされており、その他の企画もかなり多くのリツイートがなされている。