# フランス

恋愛大国・フランス、「結婚」も「不倫」も日本人とはここまで違う

日常茶飯事なんです
横川 由理 プロフィール

フランス人が「結婚しない」理由

日本のように、夫が妻と別れて単身赴任をしたり、妻が里帰り出産するなんて、「夫に浮気をしてください」とお願いしているようなもの。フランスではよい意味でも悪い意味でも、夫婦には男と女としての緊張感を常に持ち続ける必要があるのです。

もちろん、フランス人の名誉のために言っておきますが、浮気や不倫をしない人はたくさんいます。決してフランス人が浮気に寛容なわけではありません。ですが、他人の恋愛にとやかく言うことは無粋なことだと考えているのです。

 

日本の場合は、恋愛の先には結婚というゴールを見据えます。「仕事は何?」「貯金は?」「家事をやってくれる?」など、お互いに値踏みをするものではないでしょうか。

ところがフランスの場合には、「結婚する」という意識は高くありません。理由は2つあります。ひとつ目は、結婚という形を採らないカップルにも結婚している人と同じく手厚い社会保障が受けられるからです。フランスでは税金の申告を夫婦単位で行いますから、事実婚のパートナーでも納税の際に共同申告すれば、それだけで優遇措置が受けられるのです。

ふたつ目は、女性も仕事を持っているのが普通で、一般に専業主婦になるという考え方がないからです。子育てでは、保育園から大学までほぼ無料ですし、「児童手当」も日本よりも手厚い金額を受け取れます。結婚に頼らなくても、女性が1人でも子どもを育てていける体制が整っているわけです。

このため女性は自立している人が多く、妊娠も出産も自分の気持ち次第で決めることができます。一言付け加えますと、社会保障が手厚い分、フランスの税金や社会保険料ははるかに日本より高く支払わなければなりません。