撮影/佐藤圭
# 絶景

西暦2019年と北海道命名150年を表す「今年の山」からの絶景!

北海道から毎日お届け中!

大雪山の緑岳は標高2019m!

令和元年、2019年も残り3ヵ月となりましたが、2019年の「今年の山」として推したい山があります。

大雪山の緑岳です!

理由は、緑岳の標高です。なんと今年の西暦と同じ2019m! 

緑岳山頂。標柱には「標高二・〇一九米」と記されている
 

2013年には、同じ大雪山系にある標高2013mのニペソツ山に多くの登山客が集まりました。

 

緑岳は、大雪山系縦走の玄関口にあたる白雲岳避難小屋にも近く、便のいい山です。

大雪高原の沼側から登れば、この季節は、高原沼の紅葉越しに美しい緑岳を眺めることができます。

山頂からは、トムラウシ山、旭岳、白雲岳が一望でき、高原沼も見下ろせます。

緑岳の名所のひとつ、「シャチ岩」
 
紅葉の向こうにそびえる緑岳
 
緑岳からトムラウシ山を望む
 

また、緑岳は、幕末に蝦夷地を探検し、「北海(加伊)道」の命名者としても知られている松浦武四郎にちなんで、「松浦岳」とも呼ばれています。

今年は、「北海道」命名から150年めの年でもあるので、ダブルで記念の山ということになりますね。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!