5歳から一族の金づるとして働き続けた、女優「高峰秀子」の壮絶半生

襟を正される気持ちで…

運命の一冊

詩人の散文を好んで読む。何せ詩人、言葉のセンスに優れていて、独特の滋味がある。

谷川俊太郎の散文集を読み返した。タイトルは文字通り『散文』。読書についての指摘が面白い。

二宮尊徳の銅像を「薪運びをしながらも読書にはげんだ」と称える。なぜ「本を読みながらも、薪運びにはげんだ」ではないのか。本を読むこと自体にさしたる意味はない。そこから何かをつかみ取り、それを実際の生活の中で生かすことにこそ読書の意義がある。読書家ではなく実践家だったことに尊徳の偉さがある―。

まったくその通り。読書は手段の目的化を起こしやすい。月に何冊読んだとか、挙句の果てには速読術だの「フォトリーディング」だの、そういうことを言う人には近づきたくない。

谷川は言う。読み過ぎるよりも、読み足らぬほうがいい。本当に意味のある本など、一生のうちに数冊しかない。

これもまたその通りだと思う。しかし、一生に数冊しかないからこそ、数多く読まなければ「運命の一冊」との出会いには至らない。

 

散々読んできた中で、自分にとっての「運命の一冊」は何か。もっとも影響を受けた本を一冊挙げろと言われたら、迷わず高峰秀子の『わたしの渡世日記』を選ぶ。

高峰秀子といってもピンとこない若い世代の読者もいるかもしれない。念のため説明しておく。

女優。1924年生まれ。5歳でデビューし、天才子役として活躍。戦前は売れっ子アイドルとして数多くの映画に主演。戦後はありとあらゆる役の本質を掴んで演じきる実力派として全盛期の日本映画界の頂点に立つ。

木下惠介監督の『二十四の瞳』、成瀬巳喜男監督の『浮雲』など歴史に残る名作を連発し、55歳で女優業から退いた。

代表作のひとつ、映画『二十四の瞳』で大石先生を演じた故・高峰秀子(パブリック・ドメイン)

2014年の『キネマ旬報』の「オールタイム・ベスト日本映画女優」で第1位、'00年に同誌が発表した「20世紀の映画スター」でも読者選出の女優部門第1位。ようするに日本映画界最高にして最大の名女優。当時が映画全盛期だったことを考えると、高峰以上の女優はもう二度と現れないと言ってよい。

その後86歳で死去するまで随筆で活躍し、名文家として名をはせた。数々の名著がある中で、1976年に出版された半生記『わたしの渡世日記』は高峰の代表作である。