撮影/佐藤圭
# 絶景

幻想の夜景! 煌々と輝く満月の下、大雪山を流れる変幻の雲海

北海道から毎日お届け中!

真夏の大雪山の夜、寒さに凍えながら撮った1枚

大雪山白雲岳の麓、白雲岳避難小屋のテント場に泊まり、夜中に月の明るさで目覚めました。

この日は、満月。

眼下に広がる高根ヶ原から高原沼のほうへ、滝霧が流れていました。

 

煌々と輝く満月に照らされ、雲の様子は肉眼でも確認できます。

ヒグマの気配がしないか気にしながら、小屋のテラスに腰を掛け、撮影を始めました。

大雪山白雲岳山麓。満月に照らされ、浮かび上がる雲海
 

みるみる変わる雲の姿の幻想的な美しさに夢中になり、気がつくと1時間以上撮影していました。

寒さに凍えて撮影を切り上げ(大雪山の登山では、夜は夏でも氷点下になることがあります)、眠りにつこうとしましたが、興奮していたせいか、まわりの登山者の寝息が気になり、朝まで眠れませんでした……。

次の日の下山が、とても辛いことになってしまいました。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!