Photo by iStock

日本の畜産壊滅か…!? 豚コレラ「殺処分と拡大阻止」の壮絶な現場

ついに関東まで感染拡大

消えたはずの感染症が、26年ぶりに現れた。1府7県にわたり猛威を振るい、「関東の大養豚場」の喉元まで迫っている。このままでは日本から豚が消える――。発売中の『週刊現代』では「豚コレラ阻止」の最前線について特集している。

 

奇声を発し、暴れて死ぬ

岐阜県庁の本庁舎9階にある農政部家畜防疫対策課に一本の電話がかかってきたのは、今から1年前、'18年9月7日午後7時頃のことだった。

退庁時間はすでに過ぎ、閑散とした課に居合わせた職員が電話に出ると、相手は県内にある家畜保健衛生所の担当者だという。

JR岐阜駅から北東約8㎞ほどに位置する岐阜市岩田西の養豚場で、複数の豚が死亡したという報告だった。相手はこう続けた。

「死因なんですが、どうやら豚コレラみたいなんです」

そう言われても、電話を受けた職員はピンとこなかった。

「豚コレラ?」

豚やイノシシの熱性伝染病だが、日本国内では四半世紀以上発生していない。防疫対策課にも発生時の対応マニュアルはあったが、紙ペラ一枚だけだった。

「なにかの間違いだろう」

職員はそう思った。
まさかこの先、自分たちの手で、岐阜県内の半数以上の豚、6万頭近くを殺処分することになるとは、想像もしていなかった。

岐阜県庁が26年ぶりの豚コレラ発生を把握したこの瞬間から1年が経ったが、被害は収まるどころか、加速度的に広がっている。岐阜から、愛知、三重など次々に伝播していった。

今年9月13日には、埼玉県秩父市の養豚場でも豚コレラの発生を確認。ついに関東にまで拡大してしまったのだ。

豚コレラは、一頭でも感染が確認された時点で、その養豚場内のすべての豚を殺処分しなければならないほど危険な感染症だ。宮崎大学産業動物防疫リサーチセンターの末吉益雄教授が解説する。

「豚コレラに感染すると豚は40度以上の高熱を出したり、食欲が減る、うずくまるなどの初期症状が出ます。

今回の豚コレラは、かつて国内で流行したものに比べて弱毒性のため、すぐに死亡するような豚は少なかった。そのため、かえって感染が広がったと見られています」

豚コレラに感染した豚は、結膜炎や呼吸障害などを起こし、やがて奇声を発しながら、痙攣し、死に至る。

9月17日現在、被害範囲は1府7県にまで広がり、全国で殺処分された豚の数は13万頭を超える。人に感染はしないが、このままでは日本の畜産業界が壊滅しかねない状況なのだ。