初めての土地へのショートトリップ。限られた時間の中で、 楽しく効率よくまわりたい。そんな時、情報収集はローカル(地元住民) に聞くのがいちばん確実。今回は、名古屋にあるタイカレー専門店、ヤンガオ店主のMOOLAさんにおすすめスポットを案内していただきました。

カレー屋×雑貨、花屋×雑貨など、複数の顔を持つユニークな店が多い名古屋市内。休日にゆっくりと巡りたい、ライフスタイルを楽しく豊かにしてくれるスポットを紹介します。

名古屋の街に現れた、
イカしたタイカレー食堂

ヤンガオ

エビとタケノコのクアカレー(M)¥900。ココナッツミルク&エビの旨味が濃厚。屋台の味を再現したタイティー¥400もおすすめ。

2018年4月にオープンしたタイカレー専門店。タイ暮らしを経験したMOOLAさん夫婦 で切り盛りしており、タイ北部チェンマイの地方料理“ゲーンハンレーカレー”をベースにした看板メニュー「ヤンガオカレー」ほか、 南部発祥の「マッサマンカレー」など、本場の味をもとに独自アレンジを加えたメニューが大人気。

ヤンガオオリジナルグッズやタイ雑貨なども販売。

可愛い内装やグッズにも注目。

ヤンガオ
名古屋市西区花の木3-13-23 クレスト浄心303
☎070-4469-6412
営業時間:11:30~15:00 (L.O.14:30)、 18:00~21:00 (L.O.20:30)
定休日:日、月
Instagram:@yanggao_ngy

名古屋駅の裏手に佇む
花や植物のある雑貨店

ATELIER MITIKUSA & TUMBLEWEED

もちろん、花束やアレンジメントも。ウェディングのご相談もお気軽に。
グラフィックデザイナーでもある店主が作る、オリジナルのキャップやTシャツなどのグッズも展開中。

ドアを開けると、右手に生花店、左手に雑貨店、2階はウェディングサロン。お店全体は、アートギャラリーという側面もある。たくさんの要素がミックスされた不思議な空間だが、モチーフになっている花や植物がすべてをまとめ、新しい分野への興味を引き出してくれる。「お客さんが自由に行ったり来たりできる空間になれば」と店主。好奇心が刺激されるスポットだ。

ATELIER MITIKUSA & TUMBLEWEED(アトリエみちくさ&タンブルウィード)
名古屋市中村区元中村町3-15
☎052-471-7820
営業時間:10:00~18:00
定休日:月、火
Instagram:@atelier.mitikusa