初めての土地へのショートトリップ。限られた時間の中で、 楽しく効率よくまわりたい。そんな時、情報収集はローカル(地元住民) に聞くのがいちばん確実。愛知県のキーパーソンに、おすすめスポットを案内していただきました。

今回は、「日本本六古窯」のひとつ。常滑焼の土管や焼酎瓶が積まれた光景が印象的なやきものの街・常滑。 常滑駅から徒歩圏内で楽しめ、常滑焼に出会える人気スポットを紹介します。

中部国際空港セントレアからのアクセス
常滑市まで約5.7㎞ (常滑駅まで) セントレアラインを経由して約12分

古窯跡を巡りながら、
現代の常滑焼に触れる

やきもの散歩道

やきもの散歩道のフォトスポッ ト・土管坂。
散歩道の中間地点・登窯広場。

入り組んだ路地に窯元の工房をはじめ、常滑焼を扱うギャラリーやショップ、カフェなどが点在。

明治~昭和に数多く作られた土管。
全盛期の昭和中期には400基ほどの煙突があったそう。

煉瓦造りの煙突や、土管や焼酎瓶による壁など、常滑らしい風景が楽しめる散歩コース。常滑駅から徒歩5~10分の陶磁器会館(土日祝は駐車料金¥500/一日)からスタートするAコースは一周約1.6km、所要時間 60分。常滑に来たなら、外せない場所だ。

やきもの散歩道
常滑市栄町3-8
☎0569-35-2033(陶磁器会館)

やきもの散歩道にある
器と暮らしの道具店

morrina

器は常滑焼の歴史や技法に沿ってディスプレイ。すべて店主が工房をまわって仕入れている。

「常滑焼を日常に取り入れてほしい」という願いから、全国各地から集めた暮らしの道具と合わせて販売。やきものはすべて常滑産で常時15~16名の作品が並ぶ。作家の年代もいろいろ。 あえて作家名を出していないのは、有名無名よりも感性で器を選んでいただくため。ぜひ、直感で手にとってみて。2階はギャラリースペースで年5~6回、個展やイベントが開かれる。

のんびりとした雰囲気が印象的なやきもの散歩道。可愛いねこもくつろぎながらお出迎え。

morrina(モリーナ)
常滑市栄町7-3
☎0569-34-6566
営業時間:10:00~17:00
定休日:水
Instagram:@morrina_tokoname