9歳の子に不妊手術を…!? 被害者男性が、国家と戦う決意をした日

封印していた怒りと悲しみが蘇った
佐藤 光展 プロフィール

「絶対に許せない……」

2018月1日31日朝、小島さんは北海道新聞の大きな見出しに息をのんだ。

「不妊手術9歳女児にも  半数超未成年  宮城県資料」

それまでも強制不妊のニュースには注目していたが、この記事の衝撃は桁違いだった。

半世紀以上前の記憶が、津波のように押し寄せてきた。小島さんと同じ日に不妊手術を強制された、女子中学生の悲痛な顔が鮮明に蘇った。長く封印していた怒りと悲しみが噴き上がり、体がガタガタと震えた。

「許せない。絶対に許せない」

記事を切り抜いた。しかし、具体的に何をすればいいのか。翌日まで悩み抜いた。

2月1日夜、小島さんは覚悟を決めた。「これを見てくれ」。記事を麗子さんの前に置いた。

 

「ああ、これ…可哀想にね」

小島さんは何か言いたげな顔をしていた。でも黙っている。麗子さんが話を続けた。

「ヒトラーと同じね。こんなことを日本人がしていたなんて、恐ろしいわね」

まだ黙っている。

「どうしたの」

小島さんは意を決した。

「俺もされたんだ。優生手術(強制不妊手術)を」

悪い冗談に違いない。麗子さんはそう思いたかった。だから「うそでしょ!」と返した。しかし、夫が他人の苦しみをそんな風に茶化す人ではないことは、よくわかっていた。

テレビニュースなどで見た強制不妊の被害者のことは、気の毒に思っていた。それでも、違う世界の話だと感じていた。ついさっきまでは。まさか夫が……。

麗子さんは新聞の片隅に、強制不妊に関する弁護士相談の電話番号を見つけた。「私はまだ信じられない。信じたくない。でも本当なら大変なことよ。弁護士さんに本当のことを伝えて」。

翌2日、小島さんは受話器を手に取った。麗子さんに見守られながら、電話の向こうの弁護士に過酷な体験を伝え始めた。

人生を変えた新聞記事「不妊手術9歳女児にも」の切り抜きを示す小島喜久夫さん