9歳の子に不妊手術を…!? 被害者男性が、国家と戦う決意をした日

封印していた怒りと悲しみが蘇った

更生し、結婚し、子育てもした

「真面目になる」

60年前、精神科病院へ拉致され、強制不妊手術を受けさせられた末、命からがら脱走した小島喜久夫さん(78)。脱走後に匿ってくれた、命の恩人ともいえる伯母に誓ったこの約束を、絶対に守らなければならない――。

伯母の助けを借りて自立し、札幌市内の飲食店で皿洗いをするなど地道に働いた。23歳の時、貯まった金で自動車の運転免許を取った。ポリオの後遺症は運転の支障にはならなかった。

すぐに免許を生かせる仕事を見つけた。ところがそれは、違法な白タクドライバーだった。気づけばまたヤクザに囲まれ、白タク行為で警察に捕まった。

「俺は何をやっているんだ。堂々巡りじゃないか」

再びはまりかけた負の連鎖から逃れるため、タクシー会社の面接を受けた。実際に車を走らせる試験では、怪我の功名というべきか、白タク経験が生きて運転技術を高く評価された。

 

会社負担で二種免許を取り、26歳でタクシー運転手になった。働きながら大型や重機の免許も取り、三里塚闘争に揺れる成田空港の建設現場でダンプカーを走らせたこともある。コツコツ働き、生活を安定させた。

行きつけの飲食店で働いていた女性と、20代で結婚したが、数年で離婚した。妻は子どもが欲しかったのに、できなかったことが原因だった。強制不妊の被害を打ち明けられず、子どもの話題を避けようとする小島さんを、当時の妻は許せなかったのだ。

30代で、ひとつ年下の麗子さんと再婚した。麗子さんには、小学校入学前の息子がいた。小島さんは実の子のように愛情を注ぎ、大切に育てた。

Photo by iStock

夫婦には温泉巡りという共通の趣味があった。小島さんが運転する車で、道内や本州などを頻繁に巡った。10年、20年と月日は穏やかに経ち、つつましくも幸せな時が静かに流れていった。喜寿を目前に突然の喧騒に包まれるとは、小島さん自身も予想していなかった。