〔PHOTO〕gettyimages

これで朝鮮半島問題は解決に向かうのか? アメリカが考えていること

補佐官解任とトランプ政権内の暗闘

トランプ政権内の暗闘

9・11事件から18周年の記念日を直前にしてトランプ大統領がジョン・ボルトン補佐官の「解任」をいつものようにツイッターで突然発表した。

その理由をメディアは、外交政策をめぐる対立、北朝鮮、イラン、ロシア、アフガニスタンなどに対して「融和的」な立場をとるトランプ大統領とより強硬的な政策を主張するボルトン補佐官の意見が相容れなくなったからだと報じている(BBC、朝日新聞など)。

トランプ大統領のツイッターは次の通り。

「私は昨晩、ジョン・ボルトンにホワイトハウスで彼の務めがもはや必要ないと伝えた。私は彼の進言の多くに強く反対してきた。政権内の他の人々もそうだ。それゆえ、ジョンに辞任するように求め、辞表は今朝、私のもとに届いた。彼の貢献にはとても感謝している。来週、新たな国家安全保障担当の補佐官を任命する予定だ」

 

このボルトン補佐官と対立していた「政権内の他の人々」とは、対北朝鮮や対イラン政策でより現実路線を取るポンペオ国務長官やマルバニー大統領首席補佐官代行、ムニューシン財務長官らの名前が挙がっている。

今回の大統領補佐官(国家安全保障担当)の辞任・解任劇は、マイケル・フリン元陸軍中将(2017年2月に辞任)、H・R・マクマスター将軍(2018年4月に解任)に続き、トランプ政権内では3人目となる。

チャールズ・カッパーマン大統領副補佐官(国家安全保障問題担当)が暫定的に後任をつとめるが、「来週任命する」としている後任の有力候補には、国務省のスティーブン・ビーガン北朝鮮担当特別代表のほか、フック・イラン担当特別代表、ジョン・サリバン国務副長官、リチャード・グレネル駐独米大使の名前などが挙がっているという。

また、その直接のきっかけとして、2001年に起こった9・11事件の18周年の前日でもあったため、18周年の前日でもあったため、トランプ大統領が7日に、大統領公式別荘キャンプデイヴィッドで8日に予定していたタリバンとの「秘密会談」を取り止めた件との関連も指摘されている。

ボルトン補佐官はアメリカがテロ組織に指定するタリバンとの和平交渉についても、「恐ろしい前例を作る」ことになりかねないと反発していたからだ。