腰痛が一日10秒の運動で改善、東大教授が教える「これだけ体操」

本当に効果があります
松平 浩 プロフィール

やり方はこんなに簡単!

(1)両足を肩幅よりやや開き、爪先をまっすぐ前に向けて立つ。

(2)両手の手の平の付け根部分を、腰のベルトの位置に当て、指を下向きにそろえる。

(3)ゆっくり息を吐きながら、ひざを伸ばしたまま爪先に体重をかけ、ヒジを内側に寄せるようにして両手で腰を前に押していく。

(4)「痛気持ちいい」と感じるところまでしっかり押し、カカトが浮くか浮かないくらいまで爪先に重心をかけ、3秒間キープしてからゆっくり元の姿勢に戻る。

(5)腰痛予防なら一日1~2回、治療目的なら一日10回からスタートが目安。

腰に軽い痛みを感じても心配ないが、終わってから腰の痛みが10秒以上続いたときは腰の押し方を弱くするか中止する。また、お尻から太ももにかけて痛みやしびれが出た場合は中止し、整形外科を受診したほうがいい。

イラスト:種田瑞子(月刊「医道の日本」2014年8月号掲載)
拡大画像表示
 

「横バージョン」のやり方

(1)壁に対して横向きになり、少し離れて立つ。

(2)ヒジから手の平までを肩の高さで壁に着け、両足を壁から少し離して壁にもたれる。

(3)反対側の手を腰に当てて、ゆっくり息を吐きながら腰を押し、体を「く」の字に曲げて5秒間キープ。

(4)反対側でも同じように行う。

(5)スムーズにできない側があれば、そちらだけさらに5回行う。

(6)最後に基本の“これだけ体操®️”を1回行う。

3日に一度程度行うと、腰の左右のずれを予防できる。

イラスト:種田瑞子(月刊「医道の日本」2014年8月号掲載)
拡大画像表示

“これだけ”やれば、本当に効果が出ますが、問題は、これだけでもやらない人が多いということ(笑)。ぜひ毎日の隙間時間に、継続してやってみてください。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/