争続で家族崩壊! 兄妹冷戦を招いた父の葬儀直後の「兄の一言」

妹から突然の連絡が…
曽根 恵子 プロフィール

教訓とすべきこと

母親は90代。父親の相続手続きができていないことをずっと悔やんでいましたので、ようやくほっとできたようです。

母親の財産はわずかな預金だけですので、この機会に妹へ生前贈与し、残りはすべてSさんに相続させるという内容の遺言書も作成しました。妹は生前贈与を受けたことで、母親の財産については遺留分を請求しない旨の覚書にもサインしました。これで二次相続の不安はなくなりました。

 

Sさんは「妹は相続放棄して当たり前」という思い込みで行動をしてしまいましたが、それは間違いです。遺言書で指定されていない相続人の権利は法定割合を基準として同等にあります。

それなのに葬儀のあとにいきなり書類を出して「相続放棄の書類にハンコを押せ!」と高圧的な態度で押し切ろうとすると、妹さんが反発したくなる気持ちはよくわかります。

円満な相続のためには、家族に下記のようなやり取りが必要なのです。

・父親の遺言書の有無を知らせる
・父親の財産を整理して、書類で提示する
・相続税がかかるか、試算を書類にする
・遺産分割の案を提示して、個々の希望とすり合わせる

このようなポイントを押さえ、被相続人の意思を尊重し、相続人個々の感情や経済的な事情を理解しながら、バランスよく手続きをすることが肝心です。

できればそのトータル的なサポートができる専門家を選んで一緒に進めることを考えるのがいいでしょう。