# ANA # 飛行機

ANAが「ラウンジ利用券」転売の撲滅に成功したシンプルな方法

「〇〇」を印字しただけで…

満員のファーストクラスラウンジ

海外へ出かける時の空港での“憧れの場所”として、航空会社のラウンジを挙げる人も多い。ビジネスクラスやファーストクラス、航空会社の多頻度会員(各航空会社のマイレージプログラムにおける上級会員)のみが入室を許される空間がラウンジだ。

ANAスイートラウンジ/筆者撮影

更にラウンジに入室資格を持っている人の中でも、ファーストクラス利用者および年間10万マイル(約16万キロ)近いフライトを飛んでいる最上位のダイヤモンド会員のみが利用できるのが「ファーストクラスラウンジ」だ。このラウンジに入りたいがために、ダイヤモンド会員を目指す強者やマイルを一生懸命貯めてファーストクラスの特典航空券を手配して入室する人がいるほどだ。

ファーストクラスのラウンジでは、レストランのような食事メニューが揃っているほか、時間帯によっては、職人によるお寿司のサービスやシェフによる限定メニューが提供される。シャワールームはもちろん完備しているが、海外の航空会社になるとバスルームやスパ施設を用意しているラウンジまである。

 

しかしながら近年、羽田空港や成田空港における国内航空会社のファーストクラスラウンジを利用する人が増えたことで、落ち着いた時間が過ごせず、お目当ての限定メニューが売り切れで食べられないといったクレームが寄せられていた。特にANAの「ANAスイートラウンジ(以下、スイートラウンジ)」では、混雑状況によっては、ファーストクラスラウンジなのに満席で入室を断られるケースも出ていたそうだ。

ところが今年の春以降、混雑も緩和され、本来の静穏な空間を取り戻したという声が会員たちから聞かれるようになったという。いったいANAはどのような対策をとったのだろうか。