宮﨑駿さんの妻・宮崎朱美さんも
「奥山さんが先頭にいたから楽だった」

これについては、奥山さんと小田部さんの元同僚であり、宮﨑駿さんの妻である宮崎朱美さんもこう言います。

病院を教えてくれたのは奥山さんです。私が(病気になった)子どもをどこに預けようかなって困ってたら、会社のすぐ近くに小児科のお医者さんがあって、そのお医者さんで1~2歳児を 10 人ほど預かってくれてたんです。『そこ行ってみたら?』って奥山さんが教えてくれて

-AD-

そして「奥山さんの存在の大きさ」を繰り返します。

私たちはすごく楽だったですよ、奥山さんが先頭にいたから。職場結婚をされて、子どもが生まれて、でも仕事を続けていく人が前にいるっていうことは、私たちにとってはものすごくありがたいことでした。
そのあと、職場結婚が何組もありましたけど、奥山さんのおかげですよね。
私は本当にすごく感謝してます。保育園に子どもを預けながら仕事を続けたっていうの、奥山さんが最初ですからね。

 

共働きで仕事を続けるっていうのは本当に大変なことでしたよね。だけど、それは奥山さんと小田部さんが切り開いてくれたからとも思いますから。私のあとも何組か続きましたから、みんな感謝していると思います」(宮崎朱美さん)

会社では女性たちの中でも「奥山さんに聞けばなんでもわかる」という頼られる存在だったという 『漫画映画漂流記 おしどりアニメーター 奥山玲子と小田部羊一』より