Photo by iStock

住宅街で銃を連射…山口組抗争「報復の連鎖」が本格化の兆し

7代目候補の出所を控えて

フルフェイス、黒のスクーター

8月22日夕刻。神戸市中央区のビル前に一台のワゴン車が駐車すると、すぐさまその脇にフルフェイスのヘルメットをかぶった人物が乗る、ナンバーを隠した黒のスクーターが現れ、窓越しに車内へ6発の銃弾を連射した。

うち3発を腹部などに受けて救急搬送されたのは、指定暴力団山口組の中核組織・弘道会(本部・名古屋)傘下の組員だった。

ビルは弘道会の神戸における拠点事務所。周囲は民家が立ち並び、人通りもある平穏な住宅地での凶行だった。

 

「やっぱり報復に出たか」

兵庫県警の捜査関係者は、そう漏らしたという。山口組と対立状態にある神戸山口組の内部情報を得て、警戒体制を敷いていた最中のことであった。事態を重く見た警察幹部が語る。

「この日は神戸山口組の井上邦雄組長の誕生日で、組内部では前々から『(誕生日に合わせて)仕返しをすべきだ』との声が上がっていた。が、まさか夕方の時間帯に、こうしたやり方をするとは……」

「仕返し」とは、今年4月に発生した襲撃事件に対するものだと見られている。

4月18日午前0時過ぎ、神戸市内の商店街で、神戸山口組傘下にある與組(あたえぐみ)の与則和組長が何者かに背後から刺された。犯人は一旦レンタカーで逃走したが、およそ1時間後に近隣の灘署に出頭。レンタカーからは、凶器とみられる刃渡り21センチの包丁が見つかった――。

当時、事件の報告を受けた警察上層部には衝撃が走ったという。襲撃された与組長が神戸山口組のキーマンだったからだ。暴力団情報に通じる捜査関係者が語る。

「与は、神戸山口組組長の出身母体で4000人もの構成員を擁する中核組織・山健組のナンバー2、若頭だ。構成員の実質的な統括役と言える。

武闘派としての誉れも高く、かつて敵対組織の幹部を射殺した事件に関与し、逮捕されたこともある。これがきっかけとなって、報復として山口組三代目組長の田岡(一雄)が襲撃される事件が発生し、一大騒動に発展したことから、いまなおその武勲が語り草になっている。

現在の抗争においても指揮を執る立場で、キーマンと目されている重要人物だ」