Photo by gettyimages
# 鉄道

京急衝突事故で痛感した、鉄道安全基準「600m条項」の落とし穴

“魔の25m”を見落としている

原因解明に1年以上かかる事例も

2019年9月5日11時43分、京急電鉄の神奈川新町駅付近の踏切で12トントラックが立ち往生した。そこに下り快特電車が衝突し脱線。トラック運転手が死亡、乗員乗客35名が重軽傷となった。電車側に死者が出なかったことは幸いだったが、原因を知る67歳のトラック運転手が亡くなったことは、原因解明の点で残念である。

Photo by gettyimages

事故の原因などについては捜査・調査が進んでいる。鉄道・航空・船舶の重大事故については、国土交通省の運輸安全委員会が調査している。一方、原因を推測する報道、ネットの言論も多い。しかし、先に言っておくと、いまのところどこにも正解はないすべては推測に過ぎない。運輸安全委員会の調査に時間がかかるからだ。

これまでの事故事例をさかのぼると、運輸安全委員会の報告は事件発生から半年以上かかる。今回の事故に近い事例として、「東海道線 西岡崎駅~安城駅間(複線)小薮踏切道(第1種踏切道:遮断機及び警報機あり)」の報告書がある。踏切警報機、遮断機、踏切障害検知装置のある踏切で自動車と電車が衝突、電車が脱線、自動車運転手が死亡した事故だ。発生は2017年3月2日、調査結果公表は2018年2月22日。約1年かかっていた。

 

2017年7月9日に発生した「三河線 猿投駅構内(単線)[愛知県豊田市]平戸橋1号踏切道(第1種踏切道:遮断機及び警報機あり)」の報告書は2017年11月30日に公表された。発生から半年以内という「異例の早さ」で調査結果が発表できたのは、自動車運転手が存命し、カーナビを操作していた際のよそ見運転だったという証言が得られたからだ。

事故から調査報告までの期間については、丁寧な調査で時間がかかるとか、人員が足りないとか、再現実験を伴う場合は協力者の都合も必要だなどの理由がありそうだ。なぜこんなに時間がかかるかという議論もあるだろう。けれども、現状では調査期間は長い。この度の京急電鉄の神奈川新町駅踏切事故についても、調査報告に1年ほどかかると思われる。