撮影/佐藤圭
# 動物 # 癒し

食欲の秋です。北海道の山の秋は超短いので、あせって貯食中です!

北海道から毎日お届け中!

実がなって、紅葉したら、もうすぐ初雪です

食欲の秋!

大雪山の山々にも、動物たちのエサが豊富な、実りの秋がやってきました。

エゾシマリスも、ナナカマドの実を美味しそうに食べていました。

 

ままごと遊びでご飯の代わりに使われるナナカマドの実も、リスたちにとっては主食のひとつです。

果肉を上手に剥き、種子をほお袋に貯め込みます。

北海道では、ナナカマドの実でジャムを作る地域もあります
 

ナナカマドの名は、「燃えにくくて、7回かまどに入れても燃えない」ことに由来するという説がありますが、実際には、とても燃えやすいそうで、この説は怪しいようです。

リスたちが実を食べ尽くす頃には、葉が見事な紅に染まり、山の紅葉の主役になります。

でも、秋が来て、山が赤く染まったと思ったら、すぐに冬! 雪が降り始めます。

北海道の山では、秋は、2、3週間しかありません。

冬眠するエゾシマリスにとっては、この短い秋にどれだけ食べまくるかに、冬が越せるかどうかがかかっています。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!