# 医療 # ALS # 介護

国会議員誕生で議論沸騰…「重度訪問介護」の何が問題?

篠沢教授とれいわ新選組
川口 有美子 プロフィール

結局、参議院が当面二人の議員活動中の介護費用を負担することになった。院内でも馴染みのヘルパーを使い続けてもいいが、障害福祉の予算を使わず、雇用主である参議院が、ヘルパーの事業所に派遣料を払うということである。

これを、またしても「議員特権」と呼ぶ人々がいるのだが、二人にしても、いつまでも議会に払わせたいわけではないから、障害福祉予算で重度訪問介護を使わせてほしいと言い続けることだろう。

真の「平等」を目指すなら……

健常者と障害者の平等、それも「機会の平等」――機会を与えられても、介助者がいなければ何もできない障害者がいる――だけではなく、「結果の平等」――介助者や機械やさまざまなサポートを使えれば、健常者と同等の結果や成果を出せる――を目指すならば、介護サービスの利用目的を限定すべきでなく、どのように利用してもよいとすべきである。

そして、その費用を保障するのは、人々の真の平等を目指す社会であるなら当然のことなのだ。

日本の介護サービスが、重度障害者を国会議員として迎えて、さらに改善されていく可能性を信じたい。他の問題については不勉強な点も多々あるだろうが、当事者が国会議員になったことによるメリットは計り知れない。期待して応援したい。