iPhone 11でアップルが仕掛けた「新しいビジネスモデル」

「異例の発表」が意味していること
西田 宗千佳 プロフィール

昨年の中心モデルになった「XS」と、その大型版である「XS Max」は、新たに「Pro」を冠した「iPhone 11 Pro」シリーズに位置付けられた。

【写真】上位モデル「iPhone 11 Pro」登場
  上位モデルとして「Pro」を冠する「iPhone 11 Pro」が登場。5.8インチの「11 Pro」と6.5インチの「11 Pro Max」の2ラインがある
【写真】iPhone 11 Pro (ミッドナイトグリーン)
  iPhone 11 Pro (ミッドナイトグリーン)。他にスペースグレイやシルバーなど計4色
【写真】望遠(52mm)・広角(26mm・超広角(13mm)、3つのカメラ搭載
  iPhone 11 Pro には、「望遠(52mm、下)」「広角(26mm、上)」に加えて「超広角(13mm、右)」と、3つのカメラが搭載された

iPhone 11 Proは、ディスプレイに有機ELを採用し、カメラも望遠(52mm)・広角(26mm)に加えて、超広角(13mm)という3つのレンズを使った「三眼カメラ」を備えている。カメラ機能を中心に、「より高い品質を求める人」向けの製品だ。

“廉価版”ではなかったXR

「なんだ、名前を工夫しただけか」

そう思われるかもしれない。

しかし、このような施策をとれるのも、アップルのスマホのつくり方にマッチしているからなのだ。

昨年の「iPhone XR」は、確かにカメラの数やディスプレイの品質で「iPhone XS」に劣る部分があったものの、機能としてはほぼ同等レベルにあった。処理を司るプロセッサーの性能も同じであり、決して“廉価版”とよばれるような内容ではなかった。実際、他社のハイエンドモデル並の性能を誇っている。

今年のiPhone 11も、同じやり方を踏襲している。

iPhone 11とiPhone 11 Proは、いずれも同じ「A13 Bionic」というプロセッサーを使う。これは、昨年モデルに使われていた「A12 Bionic」の進化版で、性能をさらに強化したものだ。

【写真iPhone 11向けのプロセッサー「A13 Bionic」は省電力設計】
  iPhone 11向けのプロセッサー「A13 Bionic」は、速度も省電力性能も向上している。その性能差を、他社との比較でアピールした

アップルが切った第一の舵

注目すべきは、A13 Bionicでは消費電力が大幅に下がり、バッテリー動作時間がかなり長くなっていることだ。

iPhone 11はXRに比べて1時間、バッテリー動作時間が長くなり、ビデオ再生の場合で「17時間」動作するようになっている。11 ProはXSに比べて4時間伸びて「18時間」に、11 Pro MaxはXS Maxより5時間も伸びて「20時間」になった。

消費電力が低下し、性能がアップし、発熱が下がったことは、すべての人にとってプラスだ。

【写真】A13 Bionicは省電力性能も大幅
  A13 Bionicは省電力性能も大幅に向上した。iPhone 11 Maxは、前モデルに比べて5時間もバッテリー動作時間が延びる

また、3機種ともに「超広角(13mm)」のカメラが追加され、きわめて視野の広い写真を撮影することができる。プロセッサーの性能を活かし、複数枚の映像を重ねて暗い場所を明るく撮影する「ナイトモード」も用意された。

【写真】新搭載の「超広角(13mm)」での写真
  左が従来も備わっていた「広角(26mm)」での、右が新たに搭載された「超広角(13mm)」での写真。撮影範囲がまったく異なることがわかる
【写真】通常モードとナイトモードでの撮影例
  左が通常の、右がナイトモードでの撮影。夜景に強いスマホが増えてきたなかで、iPhoneもこれに対抗したかたちだ

XSとXRはもともと、前者が「付加価値の領域」を追求し、後者が「マス向け」に近い設計だっただが、iPhone 11世代では、その違いを名称から明確化するという修正舵をあててきた、といったほうが正確だろう。

そのうえで、11 Proシリーズを「画質」「音質」「カメラ性能」の面で差別化し、必要な人に向けてアピールした、という印象だ。