iPhone 11でアップルが仕掛けた「新しいビジネスモデル」

「異例の発表」が意味していること
西田 宗千佳 プロフィール

主軸は「iPhone 11」

「(昨年のモデルである)iPhone『XS』と『XS Max』、『XR』という3つのiPhoneは、顧客満足度が99%だった」

アップルのティム・クックCEOは、新iPhoneのお披露目を前に、こう語った。アップルが、自社製品の顧客満足度をアピールするのは珍しいことではない。

だが、今年は特に強調したかったのではないか、と感じる。昨年は「高価になった」と批判を受けた一方で、最も手頃な新モデルだった「iPhone XR」が発売直後に販売不調と伝えられ、減産も経験したからだ。

【写真】顧客満足度の高さを強調するアップルのティム・クックCEO
  アップルのティム・クックCEOは、前年モデルの顧客満足度の高さを強調した

一方で、「購入して使ってくれた人の満足度は高く、製品としては優れたものだ」ということを、アップルは主張したいのだろう。

「iPhone 11」のネーミングに込められた意図

筆者の目からは、今年の新機種は、2018年モデルの“正常進化版”であり、不評だった部分を改善することに腐心したモデルに見える。

まず発表したのが「iPhone 11」だ。

数字だけのシンプルなネーミングであり、いかにも「メインモデル」にふさわしい名称だ。実際、アップルはこの製品を「より多くの人に使ってもらうもの」と位置付けている。

【写真】iPhone 11発表
  iPhone 11をメインモデルとして発表
【写真】計6種類のカラー
  iPhone 11(グリーン) 。カラーは他にホワイトやブラックなど計6種類

実のところ、iPhone 11は、昨年のiPhone XRの特徴を色濃く受け継いだ製品である。ディスプレイは6.1インチの液晶ディスプレイで、カラーバリエーションも6色と多い。

この製品をアップルが「iPhone 11R」ではなく、「iPhone 11」にしたことが、非常に大きなメッセージを含んでいる。

昨年は、「XR」「XS」「XS Max」の3モデルだった。XRは「ハイエンド機と同じコアを使ったお手頃なiPhone」として訴求されたものの、消費者のイメージとしては、「iPhone XSがメインマシンで、XRはコストを抑えた廉価版」ととらえられてしまった。

アップルは、「XR」につきまとったこのイメージを払拭したいと考えているのだろう。今年は、同じ位置付けでつくったモデルを「下位製品」ではなく、「メイン製品」として打ち出してきた。