日本語で「ありがとう」と言われた

でも文在寅政権のデモと比べると比較的落ち着いていて、直感的に「この様子ならいけるかもしれない」と思いました。

実際に行った時には、もちろん、「何か悪いことが起きるかもしれない」と不安が脳裏をよぎったことはあります。
でも、そんなことを考えてもどうしようもないので、ただ韓国の方がハグしてくれるのを信じて待つことに集中しました。そして正直言うと「早く時間がたって、今日1日が終わらないかなぁ」とも思っていました。

そしてなんと開始から2分足らずで、多くの人がボードに書かれたメッセージを読むために足を止め、自分で納得してからハグをしにきてくれました。
ほとんどの方が日本語で「ありがとう」と声をかけてくれました。

開始後最初にハグをしにきた女性。しばらく看板を読み、写真を撮影してから日本語で桑原さんに「ありがとう」と語りかけた 桑原功一「反日デモでフリーハグの裏側」より

また力強くハグをしてくれる人が多く、相手の顔が見えないからこそ、彼らの日韓友好への気持ちが伝わってきて胸が熱くなりました。
蓋を開けてみると、約1時間半で50名ほどの方がハグをしてくれ、無事に何事もなく終えることができました。

NO安倍のビラを持ちながら力強くハグした男性 桑原功一「日本人が反日デモでフリーハグをしてみた」より