「反日デモの近く」で実行した理由

最近の日韓関係のニュースを見ていると、どうしても「すべての韓国人は日本人のことが嫌いなのではないか」と思わされてしまいます。
でも、それは違う。
日本政府に対して意見を持っている韓国人はたくさんいるかもしれないけれど、日本人を嫌っているわけではない」のです。

今回撮影協力をしてくれたのは2年前から知り合いのジョーさんという韓国の方です。
2年前に彼から「フリーハグ動画に感動した」というメッセージが来て、東京で一度会ってご飯を食べただけです。そして、今年の7月に「韓国に行きます」というSNSでポストをしたら、今ソウルに転勤になったということで、撮影協力を申し出てくれました。

桑原さんが書いた日本語を韓国語に訳してくれたジョーさん 桑原功一「反日デモでフリーハグの裏側」より

実は韓国に来る前に、メールでジョーさんとやり取りをした時は、週末に若者の多い場所でフリーハグをしようという話で落ち着いていました。

しかし、来韓して彼と食事をしながら今回のフリーハグについて話をしていると、やはり自分が伝えたいメッセージを最大限拡散するためには、反日デモの近くで実行した方がいいかもしれないという話になりました。

普通、反日デモの現場でフリーハグをするなんて言ったら、一言目は「危ないからやめた方がいい」「何か悪いことが起きたら……」なんて心配するはずです。
でもジョーさんの口からはネガティブな言葉が一切出てこず、どこでどのようにこの計画を実行するかという具体的な話ばかり。

すると、自分の頭の中にネガティブな要素が残らず、いつも通りのフリーハグをしようと前向きに思えるようになっていました。

それからフリーハグ実行当日までは、水曜デモを見に行ったり、DMZツアーに参加したり、KPOPダンスを習ったり、古い韓国人の友人に会ったりして、韓国滞在を楽しみました。

確かに、ふと街中を歩くと「韓国製品を買おう」というポスターがあったり、ユニクロは明らかにお客さんが少なかったり、お酒を飲む場に行っても日本のビールが置いてなかったりすることはありました。しかし、日本人だからといって嫌な思いをしたことは一度もなく、それ以外はいつもと変わらない韓国がそこにはありました。

ちなみにぼくは精力的に韓国で活動をしていますが、いまだに韓国語はできません。
現地の人からすると外見や仕草から日本人だとわかるようです。