〔photo〕gettyimages

中国「デジタル通貨」の衝撃で、ビットコインが爆上げする「Xデー」

リブラよりインパクトが巨大だ

中国人民銀行の要人が語った!

8月10日、中国人民銀行(人民銀行)の幹部が、人民銀行が近々発行を予定しているデジタル通貨に関して、「いつでも出せる状態にある」と中国でのフォーラムにおいて発言した。

〔photo〕gettyimages

この発言をめぐって、マーケットは話題騒然。中国のデジタル通貨の「スタート時期」について様々な情報が飛び交うなど、真偽不明のものを含めて情報が錯綜し始めている。

仮に中国が本格的に通貨としての「デジタル人民元」を始めれば、それはフェイスブックが始めると表明したことで金融業界に激震が走った仮想通貨リブラ以上の衝撃になりかねない。

まずは、人民銀行が考えているデジタル通貨がどのようなものか、そして、いつからスタートする可能性があるのかを整理しておこう。

 

8月10日の人民銀行幹部の発言によると、「人民銀行が銀行などの金融機関にデジタル通貨を発行し、金融機関が一般消費者に対して法定通貨と交換する形でデジタル通貨を提供する」としている。

同幹部はデジタル通貨の形式をこのように「二段階」とした理由については、「中国は教育やネットの普及具合のほかリテラシーに大きな格差が存在する。格差が大きい経済体において、中央銀行が直接国民に対しデジタル通貨を発行するのはあまりにもリスクが大きい」と説明している。