photo by istock
# 韓国 # SNS

10代女子は、なぜSNSで「韓国語」を愛用するのか?

「#韓国人になりたい」彼女たちの胸の内

10代の若者、とくに女子のSNSを見ると、ハングルが目立つ。中でも気になるのが、日本人があえて使っているケースだろう。

たとえば、Twitterで名前やプロフィール欄にハングルが書かれていることがある。ある高校生のTwitterには、プロフィールに日本語混じりでハングルが書かれている。

ハングル部分を訳すと、「高校生」「韓国ドラマ」という意味だ。プロフィールの02lineとは2002年生まれを指す。

Instagramでも、名前をハングルにしたり、投稿にハングルのハッシュタグをつけている子は多い。LINEの名前やステータスメッセージがハングルになっている子もいる。

なぜ10代女子はSNSでハングルを使っているのだろうか。

「名前ならハングルで書ける」女子高生たち

ある女子大生のInstagram投稿には、ハングルと日本語のハッシュタグが両方つけられている。

ハングルハッシュタグの意味は、「#フォロー」「#相互フォロー」「#いいね」「#いいね返し」「#フォロバします」などだった。英語の「#followme」「#like4like(いいね返し)」などのハッシュタグとほぼ同じ意味だ。

前述したように、プロフィール欄でよく見かける「◯line」は、たとえば「02line」は2002年生まれ、「99line」は1999年生まれを意味する。元々は韓国における言い方で、日本では韓国好きな子が使うものだったが、最近は韓国とは無関係に単独でも使われることが多い。

参考:この動画のように、ハングルで自分の名前を表記したいという思いも10代女子には根強い

彼女たちは、好きなK-POPアイドルのSNSにハングルでコメントすることもある。

「ハングルができると好きなアイドルの投稿がわかることがあるし、コメントもできる。コメントを返してもらえた時は嬉しすぎた」とその女子大生はいう。

普段はコピペしてGoogle翻訳などを使うが、よく使う言葉はわかるようになってきたそうだ。

 

ある女子高生のクラスではやはりハングルが流行っており、ほとんどの子が自分の名前や簡単な言葉くらいはハングルで書けるそうだ。

「ハングルの50音表を持っているとすぐに見返せるから便利」と、手書きの表を見せてくれた。

彼女たちは、SNS以外でも日常的にハングルを使う。

たとえば友だち同士で撮るプリクラへの落書きだ。名前や日付の他、「好き」「仲良し」「かわいい」などの意味のハングルを書き込んだりするという。

「丸くて可愛いし、盛れると思う」