〔photo〕gettyimages

アマゾンの「最先端会議」で明かされた「宇宙事業」のスゴすぎる野望

ベゾスが考える「人類救済計画」

アマゾンの「最先端会議」で語られたこと

米アマゾン・ドット・コムが毎年開くカンファレンス「MARS」を、皆さんはご存知だろうか。

これまで一部の人しか参加できないベールに包まれたカンファレンスだったが、今年は「re:MARS」と題して、一般公開のカンファレンスとして開催された。

各種、ブースにおいて最先端テクノロジーが公開され、アマゾンの展望について白熱の議論が交わされた。もちろんジェフ・ベゾスも登壇し、饒舌に夢を語って見せた。

〔photo〕gettyimages

この「re:MARS」が今年初めて一般公開されたのは意味があるだろう。

おそらくアマゾンが転換点に差し掛かっているからだ。筆者はこれを、アマゾンが「宇宙事業」を本格化させるシグナルと確信している。

 

この稿では6月4日~7日まで米ラスベガスで開かれた「re:MARS」で語られたアマゾンの宇宙事業についてその展望と課題について、また最新のテクノロジーの潮流について解説していく。

まずこの「re:MARS」とはなにかを、確認するところから始めよう。