「バスチー ‐バスク風チーズケーキ‐」/写真はローソン公式サイトより
# コンビニ # ローソン # スイーツ

空前の大ヒット「バスチー」に見る、ローソンスイーツ強さの原点

累計販売数が2000万個を突破

ローソン至上最高傑作のスイーツ

かつてのコンビニと言えば、男性客メインの商品構成だったことから、きまったデザート売場などなく、せいぜいティラミス、プリン、エクレアぐらいしか選択できる商品はありませんでした。

そんな中で、セブンイレブンがデザート売場で誕生させたのが2001年に発売された「ミルクたっぷりとろりんシュー」。今では、当たり前のように各社の売場にあるシュークリームですが、その当時のコンビニ売場で、男性が気軽に食べれるデザートとして、バカ売れしました。また、セブンイレブンは基本商品のブラッシュアップが、得意であり大衆ウケする正攻法な商品開発をする特徴があります。

コンビニスイーツブームの先駆けとなった「プレミアムロールケーキ」/写真はローソン公式サイトより

2006年ぐらいから女性誌がデザートから“スイーツ”と言うワードを使いはじめた頃。ローソンでは、2009年9月に、コンビニスイーツブームのきっかけとなる「プレミアムロールケーキ」を発売。以降、一大ムーブメントを起こし、数々のこだわりのスイーツを生み出していきました。これは、男性客メインのデザートから、女性客メインのスイーツへの“コンビニスイーツ変革期”であると私は思います。

「プレミアムロールケーキ」シリーズは、発売から10年で累計約3億7000万個を販売するヒット商品となりました。さらに、2017年6月からはGODIVA社との共同開発をしたプレミアムな高級路線の贅沢スイーツを販売。高単価ながらシリーズ累計2000万個以上を販売するなど、本格的な贅沢スイーツも生み出してきました。

 

ただしローソンは当時、この「プレミアムロールケーキ」に頼り切る商品構成になっていたことを気にしていたのではないかと考えられます。

そこで贅沢スイーツの販売を分析することで「脱プレミアムロールケーキ路線」の戦略を計画し、この人気定番商品を超える商品開発を本気で取り組みはじめたのだと思います。そこには、女性向けのコンビニである『ナチュラルローソン』で経験してきた、女性ターゲットにアプローチする商品戦略が活かされているのでしょう。

そして、満を辞して驚愕のコンビニ新スイーツ時代が到来しました。2019年3月、ローソンから「バスチー ‐バスク風チーズケーキ‐」(以下、「バスチー」)が誕生したのです。

「バスチー」とは、ヨーロッパのバスク地方で広く食べられているチーズケーキを参考にした、新しいタイプの「ふわふわ×とろとろ」を融合させた“新食感スイーツ”。北海道産生クリームとクリームチーズ、牛乳を原料に使用し、焼き工程の温度を上火・下火で変えることで、中側のなめらかな食感と表面のカラメルの香ばしさの両方を味わえる商品に仕上がっています。