意外すぎ!35歳以下女子が「本当に住みやすい」と思った街ベスト10

「中延」「中村橋」が大人気だって!?
樋口 可奈子 プロフィール

「男性のランキング」との大きな違い

総合ランキング同様、「住みたい街」常連の恵比寿や吉祥寺は入っていない。では、同じ若い世代でも男性の場合、ランキングはどう変わるのか。今回、「20〜35歳以下」「自分で賃貸契約をしている」という同一条件のもと、男性のランキングも作成してもらった。10位以下は以下の通りだ。

女性版と比べて、駅前に賑わいのある街が多い印象だ。繁華街に抵抗がないのは、女性よりも安全面を重視しなくて済むからからかもしれない。だが、それよりも女性版と比較して2〜3割は家賃が高そうなエリアが並んでいることに注目したい。その理由として、大東建託賃貸未来研究所の宗健所長が指摘するのは男女の収入格差だ。

「勤め始めて数年の20代女性は収入が多くないので、家賃にかけるお金が限定されるのではないか」(宗所長)。実際に女性の賃金は男性の賃金の7割程度というデータもある(労働政策研究・研修機構「早わかり グラフでみる長期労働統計 男女間賃金格差」、2018年)。

もちろん収入という要因は重要だろうが、ほかにも要因はありそうだ。そこで注目したいのが、女性版ランキングの4位と7位だ。「中延」「中村橋」という、比較的「おとなしい」印象のこの2つの駅には、ある2つの共通点があった。

 

急行が停まらないが交通利便性が高い

一つ目は、交通利便性の高さだ。中延(品川区)は東急大井町線と都営浅草線の2路線が乗り入れる。東急大井町線で大井町からは3駅、都営浅草線で五反田も2駅。JR京浜東北線、山手線への接続が良く、「住みたい街」常連の自由が丘も6駅(10分)だ。

羽田空港や新幹線が停まる品川に近いこともあり、「女性に限らず単身者に人気。物件の数は多くないが、なかなか空き物件がなく、募集をかけるとすぐ埋まってしまう」と中延駅周辺の不動産仲介業者は話す。調査には自由に記述できる欄も設けられていたが、24歳・正社員(技術・研究職)の女性は「都心や空港などにアクセスしやすく、話題の施設やデパートがないため混みすぎていない」と回答していた。

一方、中村橋(練馬区)は西武池袋線の駅で、池袋までは6駅(13分)。東京メトロ副都心線に乗り入れており、渋谷まで直通で20〜25分程度。一駅先の練馬で大江戸線に乗り換えれば、都庁前など西新宿エリアもすぐだ。