日本人初の国際的報道写真家が、この国に残した「大いなる功績」

日本のカメラを世界に広めた男
神立 尚紀 プロフィール

「同じ人間なのだから、物おじせず平等に撮れ」

戦後は一時、野村貿易に復職したが、昭和22(1947)年2月、名取洋之助が主宰し、総合グラフ雑誌「週刊サンニュース」を刊行する「サン・ニュース・フォトス」に入社。東京裁判や、山形県酒田市で行われた、満州事変の黒幕と目される石原莞爾陸軍中将の臨床訊問などを取材したのち、東京・京橋の明治製菓ビル5階にオフィスを構えるINP通信に移籍する。

幸運な偶然は、INPと同じフロアに「LIFE」を発刊するタイム・ライフ社が東京支局を置いていたことだ。

1949(昭和24)年6月27日、シベリア抑留日本人引き揚げの第一船「高砂丸」が舞鶴に入港する際、韓国の有力政治家・金九暗殺事件の取材で不在だった「LIFE」のカール・マイダンスの代役として取材を依頼され、そこで撮った写真が7ページにわたって「LIFE」の誌面を飾った。

東京支局に、「ジュン・ミキを即刻雇え」と電報が入り、三木は晴れて、タイム・ライフ社で日本人初となる、正式なスタッフ・フォトグラファーとして入社を果たす。日本のメディアが占領軍の監視下に置かれていたこの時期、アメリカのグラフジャーナリズムで仕事ができるというのは、まさに、世に言うアメリカンドリームを日本で実現したようなものだった。吉田茂のポートレートを撮影したのは、その2年後のことである。

三木は、朝鮮戦争では唯一の日本人カメラマンとして国連軍に従軍、昭和28(1953)年7月の停戦まで取材に従事した。その働きが認められ、昭和29(1954)年にはニューヨーク本社勤務となる。ここで出会った世界的写真家、アルフレッド・アイゼンシュタットから聞かされた、

「われわれ写真家は、朝に貧しい人々を撮り、夕に王侯貴族を撮る。だけど撮る相手は同じ人間なのだから、物おじせず平等に撮れ」

という言葉や、「LIFE」創刊号の表紙を飾ったマーガレット・バークホワイトの、

「いつも自分の写真が自分の国の進歩と発展に役立つように、世界が平和であるように、祈りを込めて写真を撮り続ける」

という姿勢、そして、

「ユージン・スミスは一人でいい。アイゼンシュタットは一人でいい。二人はいらない、一人一人を雇っているんだ」

と、写真家のオリジナリティと才能を重視する「LIFE」編集部の方針などから、強い影響を受けた。

 
「LIFE」国際版1954年12月13日号掲載「Factory Hand at Ford」(フォード組立工と家族の日々)より。フォード自動車工場で働くスミスさんファミリー。1954年・アメリカ デトロイト (C)Jun Miki
ベビーシッターに子供達を預け、ディナーデートを楽しむスミス夫妻 1954年・アメリカ デトロイト (C)Jun Miki
「サンバ・サンバ・ブラジル」より。ブラジリアの国会議事堂 1965年・ブラジル ブラジリア (C)Jun Miki
ブラジル・ウジミナス製鉄所 1965年・ブラジル ミナスジェライス イパチンガ (C)Jun Miki
仮装舞踏会 1965年・ブラジル リオデジャネイロ テアトル・ムニシパル (C)Jun Miki
雨のモナコグランプリ。コーナーを賭けるロニー・ピーターソン(マーチ) 1972年 モナコ モンテカルロ (C)Jun Miki
雨の日のモナコグランプリ 1972年 モナコ モンテカルロ (C)Jun Miki

そして昭和31(1956)年、タイム・ライフ社を退社してフリーとなり、平成4(1992)年、72歳で亡くなる直前まで、世界を舞台に精力的に撮影を続けた。