photo by gettyimages

米国企業の中国撤退も…?トランプ「超攻撃的ツイート」の真意

「経済版キューバ危機」の可能性

ツイッター本が若者にバカ受け

ドナルドJ.トランプ米大統領のツイッターは今や世界を衝き動かす。7月の参院選前のことだ。ワシントンの有名な政治リスク調査会社ユーラシア・グループのアジア部長、スコット・シーマン氏(政治博士号取得者)が日本政治の最新情勢取材のため来日、ランチを一緒した。

その折に同氏はお土産に一冊の本を持参した。『THE DONALD J.TRUMP―PRESIDENTIAL TWITTER LIBRARY』(直訳すると「ドナルドJ.トランプ大統領ツイッター図書館」)と題された豪華本である。

絵画《デラウェア川を渡るワシントン》をトランプ政権流にパロディ化した作品 photo by gettyimages
 

米国のコメディ専門チャンネル「コメディ・セントラル」が毎週月曜日から木曜日の夜にかけて放映している「ザ・デイリー・ショー」の司会者であるトレバー・ノア氏が監修者。手厳しい風刺やニュースパロディが若者にバカ受けしている番組だ。

2016年秋の米大統領選以前を含む17年末までのトランプ氏の衝撃的且つ奇天烈なツイッターをエスプリが効いたテーマ設定のもとに編集され、それぞれに解説が付いている。出版されたのは昨年7月。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら